アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
otta@blog 〜ひとりごつ〜
ブログ紹介
zoom RSS

『狼の死刑宣告』:剃れば剃るほど、強くなるケビン!☆☆☆★

2009/10/11 00:52
場所は、渋谷シアターN。
東急プラザ側、桜丘町、割と専門学校があるエリアにあるミニシアターだ。
そういった環境もあって、この『狼の死刑宣告』以外では、『あがた森男ややデラックス』に
『ロボゲイシャ』を上映してた。
あがた森男はファンが観ればいいとして、『ロボゲイシャ』はどうよ?
予告を観たが、まるでどっかの映画学科卒業のOBあたりが
「芸者がロボットってよくね?しかも戦闘マシーンなの」
って感じで卒業制作の延長線上のノリで、いろんな作品から少しずつ良いとこどりのパッチワ
ーク的な作品。
誰が観ますか?

で、『狼の死刑宣告』だ。
主人公はケビン・ベーコン演じるどっからどう見ても家族を愛している善良な(そうは見えな
いけど)一般市民が溺愛する長男を殺されて悪い奴らに復讐をするって、原作もそうだけど、
70年代あたりの復讐もの(ヴィジランテ物って配給会社はいってるけど)に『ソウ』のジェ
ームズ・ウォン監督が持ち前の残酷描写で少し味付けで「今風」にしたような、まあ
簡単に書くとそんな映画。

スタートダッシュで即、息子がギャングに殺されるのだが、まだ妻と次男が健在している。
こっから本格的な復讐劇まで多少時間が掛かるが、まあ主人公の心の移り変わりを丁寧に描い
たのだろうが、少し中だるみは否めない。
しかも同じテイストの『マッドマックス』や『エクスタミネーター』と違って、若干自業自得
な部分があるので完全に感情移入できないのは残念。

秀逸なシーンは、なんといっても銃を手に入れて、自宅の離れの作業場(なんの?)で銃に弾
を込める練習のシーンだ。
スキンヘッドにすべく頭髪を剃るシーンと銃の練習を交互に写し、スキンヘッドに近づくにつれ
、銃の扱い上手くなっていくのには笑えた。
このあたりは『タクシードライバー』のトラヴィスに通ずるものがある。

それでも、スーツ姿から亡き息子の革ジャンに身をつつみ自宅の離れから二連式ショットガンを
剥き出し(それってどうよ)にして敵陣に乗り込んでいくシーンに痺れること間違い無し。
ただし、ギャングのボスとのラストシーンは、今までの流れからするとフラストレーション有り。
惜しい!

おまけな話だが、帰りにHMVに寄ってきた。
未公開作品がヒット映画の力を借りて、内容もなんら関係ないけどタイトルだけちょこっと借用
したトンデモ作品ってかなりあるよね。
これは、M・ナイト・シャマラン監督作品『ハプニング』のパクリタイトルだろうね、

『ハプニング・ゼロ』

内容までよく分からんが、一般の方の、ある日常ですか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


パンチェッタ!パンチェッタ!

2009/06/14 20:40
普通のスーバーではなかなか売ってないパンチェッタ。
売ってても馬鹿高くてそう買えないし。

何気にネットで"パンチェッタ"と"レシピ"で検索したらあることあること。
冷蔵庫でつくるパンチェッタ。

キモになるのは「ピチット脱水シート」というものらしい。
ちょいと高いがこいつがあれば時間はかかるが手間いらずで
簡単にできるようだ。

そいじゃあって事で昨日「ピチット脱水シート」を東急ハンズで、
近所の精肉屋で豚バラを500グラムを購入しさっそく仕込み。
2-3週間で完成、さてさてどうなるか。

でもなんでパンチェッタを必要としてたんだっけ???

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


リアム降臨

2009/05/23 10:15
5/19、8年ぶりの来日を果たしたリアム・オ・メンリィのソロライブに行ってきました。

ピアノをメインに、バウロン、ホイッスル、缶空で作ったような楽器を演奏し、
その場の雰囲気で、気の向くまま、感じたものを1曲1曲毎、込めて歌い上げる。
前回はパッションで押せ押せな部分もあったけど、今回はそこは抑えめ、
エモーショナルで深みのあるライブでした。

既に出来上がったものをなぞるだけのライブもあるが
自由人なリアムにはそれは窮屈なことなんだろうな。
Hothouse Flowersでのリアムの良いが、ソロでも最高ですね。

最後は、サイン会。
しっかりツーショットの写真とともに頂きました。

画像
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


スラムドッグ$ミリオネア ☆☆☆

2009/04/26 23:29
近年のインドはITや投資などで急速な経済的発展を遂げていた。
今の世界経済不況以前には、著しく経済成長率の高い中国、
ロシアなどの新興国をBRICsなんて称して投資先としてもてはやされていたしね。
でもそんなアゲアゲだった時ですら人口の約25%が貧困に喘いでいた(いる)のも事実。

そんな貧困層にあり、まさにゴミ溜のようなスラム街で育った、
まともに教育も受けていない青年が、なぜクイズミリオネアで勝ち進んで来られたのか。
映画は、青年となった主人公と少年時代を交互にみせ、その理由を紐解いていく。

少年時代の主人公達は、貧困だけでなく、そんな子供達を食いものにする大人達の手を
もくぐり抜け、時に必然として大人をだましたくましく生きていこうとしていた。
そんな姿をダニー・ボイルお得意の音楽を使った盛り上げ方とダイナミックな撮影で、
主人公達を生き生きと描いているのが良かった。

でも所詮イギリス人であるダニー・ボイルが描いたインドですからね、
真の姿がいったいどこまで描かれているかは、微妙。
加えて、そこに例のクイズがからんでくると、話は突然どこかご都合主義的な感じに
なるんだよなぁ。
もともとそれほど硬派な監督じゃないからね、ファンタジーということで。

劇中で運転手付きのベンツに乗ったアメリカ人の観光客夫婦が、「アメリカ人の真の姿」
といって「金」で施しを与えるシーンには笑えますよ。
監督の唯一のイギリス人らしいシニカルなシーンだったかも。
でもその夫婦、日本人でも良かったんじゃね?

アカデミー賞を8部門も獲得し、話題の作品だけど、そもそも英語圏外の作品を
わざわざ字幕を読みながら観ることをせずに、安易にリメークしてしまう国民の
映画賞ですからね。
全編、ほぼ英語をしゃべって、受け入れやすくなってます。
(そもそも外国語作品としてエントリーされてませんしね)
オールキャスト、インド人、インドロケで作品から立ち上るその国の持つ文化や、
生活の香りが新鮮に映ったんでしょうね。
ストーリーもエンディングもアメリカ人好み。
でも撮ったのはイギリス人のダニー・ボイルだけど。
なので、、、まだ観てない人はアカデミー賞の評価は少し割り引いて観た方が良いと思うよ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


リアム・オ・メンリィと『once ダブリンの街角』のふたり

2009/04/15 23:55
『once ダブリンの街角』やけに評判が良かったけど、ラブストーリーと思って
敬遠していたが、主人公の男性、グレン・ハンサードがやはりダブリンを舞台にした
映画『ザ・コミットメンツ』のギタリスト、アウトスパンと知ってつい観るきになった。

コミットメンツのラストでストリートミュージシャンとなっていた
グレンは、14年たってもやっぱりダブリンの街に立つストリートミュージシャン
さぞ生活は大変だったろうと・・・

作品はどうして、どうして、いいじゃないですか。
演ってる音楽、ダブリンの生活感というか空気も良い。
なにより主人公ふたりの距離が程良いね。

この主人公の男性と女性、スウェル・シーズンというデュオで5月に再来日が
決まったそうです。というか、同時期にやはりアイルランドのバンド、
ホットハウス・フラワーズのボーカル、リアム・オ・メンリィがの単独来日も決定し、
スウェル・シーズンのライブのゲストとして登場も決まってます。

むしろ個人的にはこっち。
う〜ん、リアムのライブは行きたい。

そこで、二組の来日を勝手に記念し、このホットハウス・フラワーズのリアムと
スウェル・シーズンのグレン・ハンサードを中心に、アイルランド繋がりの人物相関を。

□ザ・コミットメンツ
 1991年、アラン・パーカー監督作品。
 アイルランド、ダブリンで白人のみでソウルバンドを結成、
 その成功から解散までをダブリンの生活感を伝えながら描いた傑作。
 まだ観てないやつは観れ。
 そのバンドのギタリスト、アウトスパン役としてグレン・ハンサードが出演。
 同じくバックボーカル役の一人として、ナタリー役でマリア・ドイルという女性が出演。
 この彼女、実はデビュー当時のホットハウス・フラワーズのメンバーでした。
 その後、女優として歩むけど、今一歩な感じ。
 ソロでアルバムを出し、ホットハウスのメンバーも参加してましたが、
 その後はどうなったのでしょう。
 また、劇中のバンドオーディションの場面で、スケボーの小僧役でちょい役
 で出演したのは、U2の「BOY」「WAR」のジャケットを飾っていた少年、
 ピーター・ロワンくん。こっちもその後はどうなの?

□ホットハウス・フラワーズ
 ボーカルのリアム・オ・メンリィをメンバーとしたアイルランドのバンド。
 U2のボノが主催したマザーレコードからメジャーデビュー。
 ことし5月にリアムがソロで来日。
 コミットメンツで出演していたマリア・ドイルは、1stアルバム「ピープル」を
 出した頃にはもう抜けてたようですね。

□スウェル・シーズン
 グレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァのデュオ。
 今や言わずと知れた「once ダブリンの街角」のあのふたり。

□リアムとグレン
 今年、5月。リアム・オ・メンリィとスウェル・シーズンが同時期に来日。
 リアムのソロライブの翌日、スウェル・シーズンのライブゲストとして
 出演予定。

 こうやってみると、アイルランドって世間狭いのね。
 日本でもこの3人の競演が観れるってこと。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


電化製品、よろずの神

2006/12/16 00:11
電化製品ってのはいざ買い替えようかと、思った途端にぶっ壊れるってのがよくある話。
今日ほど驚いた事もないね。
使っていたオーディオテクニカのカナル・タイプのイヤフォンだが、いかんせん色が白。
汚れるんだな。
んでぼちぼちなんとなく他のも使ってみたいという欲求もあり、
ほいじゃ今日にでも帰りにヨドバシよって、、、なんて思っていた。
朝まで普通に普通に使えていたのに・・・
会社終わって、さてと何聴きながら帰るかなぁ〜なんて思いながら装着し、
iPodをプレイしたら、のっけから左から音が出てこね〜。
触れたな。逆鱗に。

まずは、その手の代表格、ソニーのMDR-EX90SLが候補だった。
でもカナルタイプと言っているが、構造上、結構音漏れするらしい。
そりゃ、だみだ。

んで、DENONのAH-C350-Kを購入。
DENONでイヤフォン?
あまり聴いた事ないが、4980円は魅力。
上位機種のC700-Kは12000円。
未知数なC700だったらまだ確実な9800円のソニーに流れるが、
ここは思い切ってブランドを信用して、DENONに走ってみた。
とりあえず、さっそく装着して聴きながら帰ってきたが、、、、
う〜ん、もっさり。
メリハリなし。中低域ばかりで、どうも・・
こりゃ失敗か?
もっともエイジングされてない状況なので、
まあ、今晩一晩中、音流しっぱにして明日も一度聞き直してみるかな。。。。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


U2@12/4レポ(長文・駄文御免)

2006/12/09 16:06
画像2日目の公演から数日経ち、その前の晩はほんのちょっとだけ落ち着いていた。
ほんのちょっとね。
しかしその日、12月4日。
最終公演の日だ。
朝6時に目覚める。
当然会社は有休取っているのでこの早起きは全く意味がない。
得もしなければ、誰も褒めてもくれない。
そんな早起きだ。
再び布団にもぐり二度寝を決めこもうと試みるが却って目が冴える。
諦めて起きる事にした。
あと12時間もある。
その時が来て欲しいような欲しくないような、そんな一日が始まった。

画像それでも時間を潰そうと朝食を摂り、風呂に入り、まだ出かけるまで数時間あると言うのに着替えまで済ませ、ジャケットまで着込んだが、やっぱり部屋では暑かったのでジャケットは脱いだりと、とにかく落ち着かない。
最終公演、最終公演、最終公演・・・

Macに向かい、mixiやブログなんかの他の人のレポを読む。
その素晴らしさについて綴られている日記が多く、それだけで胸が詰まる。
そうだよな、分かるよ。
まったく、どうなっちまうんだ、今日の最終日は。

画像同じ仲間のiさんとoさんと合流し会場入り。
oさんはスタンド席だったのでここで別れてiさんとAブロックへ。
エッジ側キャットウォーク外円の柵を確保。
邪魔立てするもの無し。見晴らし最高。
偶然キャットウォークの反対側正面にいるu2japanのひろりんを発見。
キャットウォーク越しに話するので、実のところほとんど何言ってるんだかお互い分からなかったと思うが、楽しい一時だったよ。サンキュー。
エッジの股間越しに写真撮ってあげようと心で思っていたのだけど、ごめんよ、そんな余裕無かったよ。

画像3日目、最終日にして個人的に最高のコンディションで見る彼らのライブ。
目の前に等身大の歌うボノ、ギターを掻鳴らすエッジ。
手を伸ばせば触れられそうな、そんな瞬間が何度も訪れた。
周りのオーディエンスの熱狂が彼らを煽り、それにまたオーディエンスが応える。
ボノ、エッジ、アダム、ラリーとオーディエンスが共鳴し合い、ひとつとなってその空間に何かが間違いなく生まれた。

「Out Of Control」希望としてあったがまさか聴けると思わなかった。
あのイントロでまず一度ヤられ、そして間奏からのボノの「Out of Controooool!!!」から怒濤の終盤への展開で二度ヤられる最高の曲だ。
そしてラストは、今日2回目の「Vertigo」で締める!
セットリストには「40」or「Vertigo」だったらしい。
「40」を聴きたい気もあるが8年ぶりの最終日、気持ち良く終われるこの曲で個人的には良かった。
このVertigo Twiceでの終わり方、2005ツアーでもあったけど、結構久し振りなんじゃないかな。

画像3日間通して沢山の感動、サプライズがあった。
それだけで何か今回の日本でのライブを彼ら自身も楽しんで貰えたのかもと、
ファンの勝手な妄想を許しておくれ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


続きを見る

トップへ

月別リンク

otta@blog 〜ひとりごつ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる