アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ


『狼の死刑宣告』:剃れば剃るほど、強くなるケビン!☆☆☆★

2009/10/11 00:52
場所は、渋谷シアターN。
東急プラザ側、桜丘町、割と専門学校があるエリアにあるミニシアターだ。
そういった環境もあって、この『狼の死刑宣告』以外では、『あがた森男ややデラックス』に
『ロボゲイシャ』を上映してた。
あがた森男はファンが観ればいいとして、『ロボゲイシャ』はどうよ?
予告を観たが、まるでどっかの映画学科卒業のOBあたりが
「芸者がロボットってよくね?しかも戦闘マシーンなの」
って感じで卒業制作の延長線上のノリで、いろんな作品から少しずつ良いとこどりのパッチワ
ーク的な作品。
誰が観ますか?

で、『狼の死刑宣告』だ。
主人公はケビン・ベーコン演じるどっからどう見ても家族を愛している善良な(そうは見えな
いけど)一般市民が溺愛する長男を殺されて悪い奴らに復讐をするって、原作もそうだけど、
70年代あたりの復讐もの(ヴィジランテ物って配給会社はいってるけど)に『ソウ』のジェ
ームズ・ウォン監督が持ち前の残酷描写で少し味付けで「今風」にしたような、まあ
簡単に書くとそんな映画。

スタートダッシュで即、息子がギャングに殺されるのだが、まだ妻と次男が健在している。
こっから本格的な復讐劇まで多少時間が掛かるが、まあ主人公の心の移り変わりを丁寧に描い
たのだろうが、少し中だるみは否めない。
しかも同じテイストの『マッドマックス』や『エクスタミネーター』と違って、若干自業自得
な部分があるので完全に感情移入できないのは残念。

秀逸なシーンは、なんといっても銃を手に入れて、自宅の離れの作業場(なんの?)で銃に弾
を込める練習のシーンだ。
スキンヘッドにすべく頭髪を剃るシーンと銃の練習を交互に写し、スキンヘッドに近づくにつれ
、銃の扱い上手くなっていくのには笑えた。
このあたりは『タクシードライバー』のトラヴィスに通ずるものがある。

それでも、スーツ姿から亡き息子の革ジャンに身をつつみ自宅の離れから二連式ショットガンを
剥き出し(それってどうよ)にして敵陣に乗り込んでいくシーンに痺れること間違い無し。
ただし、ギャングのボスとのラストシーンは、今までの流れからするとフラストレーション有り。
惜しい!

おまけな話だが、帰りにHMVに寄ってきた。
未公開作品がヒット映画の力を借りて、内容もなんら関係ないけどタイトルだけちょこっと借用
したトンデモ作品ってかなりあるよね。
これは、M・ナイト・シャマラン監督作品『ハプニング』のパクリタイトルだろうね、

『ハプニング・ゼロ』

内容までよく分からんが、一般の方の、ある日常ですか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


スラムドッグ$ミリオネア ☆☆☆

2009/04/26 23:29
近年のインドはITや投資などで急速な経済的発展を遂げていた。
今の世界経済不況以前には、著しく経済成長率の高い中国、
ロシアなどの新興国をBRICsなんて称して投資先としてもてはやされていたしね。
でもそんなアゲアゲだった時ですら人口の約25%が貧困に喘いでいた(いる)のも事実。

そんな貧困層にあり、まさにゴミ溜のようなスラム街で育った、
まともに教育も受けていない青年が、なぜクイズミリオネアで勝ち進んで来られたのか。
映画は、青年となった主人公と少年時代を交互にみせ、その理由を紐解いていく。

少年時代の主人公達は、貧困だけでなく、そんな子供達を食いものにする大人達の手を
もくぐり抜け、時に必然として大人をだましたくましく生きていこうとしていた。
そんな姿をダニー・ボイルお得意の音楽を使った盛り上げ方とダイナミックな撮影で、
主人公達を生き生きと描いているのが良かった。

でも所詮イギリス人であるダニー・ボイルが描いたインドですからね、
真の姿がいったいどこまで描かれているかは、微妙。
加えて、そこに例のクイズがからんでくると、話は突然どこかご都合主義的な感じに
なるんだよなぁ。
もともとそれほど硬派な監督じゃないからね、ファンタジーということで。

劇中で運転手付きのベンツに乗ったアメリカ人の観光客夫婦が、「アメリカ人の真の姿」
といって「金」で施しを与えるシーンには笑えますよ。
監督の唯一のイギリス人らしいシニカルなシーンだったかも。
でもその夫婦、日本人でも良かったんじゃね?

アカデミー賞を8部門も獲得し、話題の作品だけど、そもそも英語圏外の作品を
わざわざ字幕を読みながら観ることをせずに、安易にリメークしてしまう国民の
映画賞ですからね。
全編、ほぼ英語をしゃべって、受け入れやすくなってます。
(そもそも外国語作品としてエントリーされてませんしね)
オールキャスト、インド人、インドロケで作品から立ち上るその国の持つ文化や、
生活の香りが新鮮に映ったんでしょうね。
ストーリーもエンディングもアメリカ人好み。
でも撮ったのはイギリス人のダニー・ボイルだけど。
なので、、、まだ観てない人はアカデミー賞の評価は少し割り引いて観た方が良いと思うよ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


リアム・オ・メンリィと『once ダブリンの街角』のふたり

2009/04/15 23:55
『once ダブリンの街角』やけに評判が良かったけど、ラブストーリーと思って
敬遠していたが、主人公の男性、グレン・ハンサードがやはりダブリンを舞台にした
映画『ザ・コミットメンツ』のギタリスト、アウトスパンと知ってつい観るきになった。

コミットメンツのラストでストリートミュージシャンとなっていた
グレンは、14年たってもやっぱりダブリンの街に立つストリートミュージシャン
さぞ生活は大変だったろうと・・・

作品はどうして、どうして、いいじゃないですか。
演ってる音楽、ダブリンの生活感というか空気も良い。
なにより主人公ふたりの距離が程良いね。

この主人公の男性と女性、スウェル・シーズンというデュオで5月に再来日が
決まったそうです。というか、同時期にやはりアイルランドのバンド、
ホットハウス・フラワーズのボーカル、リアム・オ・メンリィがの単独来日も決定し、
スウェル・シーズンのライブのゲストとして登場も決まってます。

むしろ個人的にはこっち。
う〜ん、リアムのライブは行きたい。

そこで、二組の来日を勝手に記念し、このホットハウス・フラワーズのリアムと
スウェル・シーズンのグレン・ハンサードを中心に、アイルランド繋がりの人物相関を。

□ザ・コミットメンツ
 1991年、アラン・パーカー監督作品。
 アイルランド、ダブリンで白人のみでソウルバンドを結成、
 その成功から解散までをダブリンの生活感を伝えながら描いた傑作。
 まだ観てないやつは観れ。
 そのバンドのギタリスト、アウトスパン役としてグレン・ハンサードが出演。
 同じくバックボーカル役の一人として、ナタリー役でマリア・ドイルという女性が出演。
 この彼女、実はデビュー当時のホットハウス・フラワーズのメンバーでした。
 その後、女優として歩むけど、今一歩な感じ。
 ソロでアルバムを出し、ホットハウスのメンバーも参加してましたが、
 その後はどうなったのでしょう。
 また、劇中のバンドオーディションの場面で、スケボーの小僧役でちょい役
 で出演したのは、U2の「BOY」「WAR」のジャケットを飾っていた少年、
 ピーター・ロワンくん。こっちもその後はどうなの?

□ホットハウス・フラワーズ
 ボーカルのリアム・オ・メンリィをメンバーとしたアイルランドのバンド。
 U2のボノが主催したマザーレコードからメジャーデビュー。
 ことし5月にリアムがソロで来日。
 コミットメンツで出演していたマリア・ドイルは、1stアルバム「ピープル」を
 出した頃にはもう抜けてたようですね。

□スウェル・シーズン
 グレン・ハンサードとマルケタ・イルグロヴァのデュオ。
 今や言わずと知れた「once ダブリンの街角」のあのふたり。

□リアムとグレン
 今年、5月。リアム・オ・メンリィとスウェル・シーズンが同時期に来日。
 リアムのソロライブの翌日、スウェル・シーズンのライブゲストとして
 出演予定。

 こうやってみると、アイルランドって世間狭いのね。
 日本でもこの3人の競演が観れるってこと。


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


眼鏡とタバコ@『サンキュー・スモーキング』

2006/11/12 16:20
眼鏡を作りたくて銀座にあるOBJ eastへ行ってきた。
オリジナルからブランド物まで多彩に揃っている。
店員さんも展示されてないところからいろいろと出して見せてくれた。
なかなか感じのいいショップだったよ。ありがとう。
スーツに合わせて使いたいので、フレームが細身でスクエアなタイプが良い。
自分の中ではなんとなくイメージは出来ているのだが、実際そのイメージにあうフレームってのがなかなか見つからないもんだね。

では、映画を一本。

■ サンキュー・スモーキング
この作品は喫煙に対してノーを唱える様な道徳的作品ではない。
ましてや巨大なタバコ産業の傲慢さを訴えているような社会派作品でもない。

タバコ業界のPRマンとしてのニック・ネイラーという口八丁な主人公を描く為のアイテムとしてのタバコ。
だから純粋にニックのその巧みな話術を楽しめばいい。
そして観賞後はタバコをぷかぷかしながら映画について語ろうよ。
おれは吸わないけどね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


地獄の変異@ほとんど内容には触れてません

2006/10/15 23:13
やっとPoguesモードから通常モードに戻り、、と言いたい所だがこれと言って聴きたいCDもない。
Pogues繋がりでKirsty MacCollとElvis Costelloを交互に聴いている。

うっかりしていたがこんなものも出ていたようだ。
オーダーしないと。

そうそう映画を1本。

■ 地獄の変異
前回『ファイナル・デッドコースター』を観に行った時、予告を観た。
舞台はルーマニアの洞窟。
洞窟繋がりで予告編を「川口浩探検隊」の調子で田中信夫がナレーションを担当していたのだが、このヤリ口、何か臭う。
脳裏に横切ったのはアルバトロス配給で吹き替えに広川太一郎先生を起用したにも拘わらず『アメリ』での儲けを吐き出させた『クイーン・コング』。
広川先生を担ぎ出したのも無駄骨に終わった駄作だった。
しかし本編でそれをやってのけたアルバトロスの無謀ともいえるチャレンジ精神に対して、予告編だけに留めたギャガ・コミュニケーションズの大手配給元故の大人な振る舞いについてはこの際さて置いて、どこか予告だけで駄作の予感ムンムン。

その予感は、、、ある意味外れた。
いや、だからといって面白かった訳ではない。
実に、普通の、クリーチャー物だった。
しかも特に特徴も無し。
ラストでアニキが「バサッ!」と翼でも生やして見事な"変異"っぷりを見せてくれたらそれなりの評価はできたのだがな。

しかしだ、やられたよ、ギャガにやられた。
大人の事情で仕入れざるを得なかったのかもしれないこの作品。
可もなく不可もない映画で如何に興行収入を上げるか、社内会議ではきっとこんなやり取りがあったに違いない。

広報チーフ:「どうするよ、これ?」
サブ   :「B級映画ファンに刺さるような雰囲気作ったら、案外イケんじゃないですかねぇ?」
中堅   :「前売り券にノベルティ付けるより、予告編を撒き餌にして誘いますか?
      ・・・それっぽいの作って」
新人君  :「これ、舞台が洞窟じゃないですか。川口探検隊なんでどうです?」
広報チーフ:「おおっ!いいねぇ!」
サブ   :「良い具合に白サソリなんかも出てくるしな!」
中堅   :「あっ、それいただいちゃいまぁ〜す!」
新人君  :「劇場はやっぱり銀座シネパトスですよねぇ」
サブ   :「ちょうどその頃『ファイナル・デッドコースター』も上映してるし、
      その辺のバカなファンをガッツリ頂いちゃうか!」
広報チーフ:「よしっ、それで行こう!」

B級映画ファンの気持ちを弄びやがった!
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


久し振りのヒット

2006/09/18 22:31
3連休。
お台場でバーベキュー。
別に韻を踏んだ訳じゃないが、
都心にあって手ぶらで行ける手軽さがキュー。

・・・まったく

最近観た映画2本の感想。

■『ファイナル・デッドコースター』
『ファイナル・デスティネーション』シリーズ3作目。
航空機事故、自動車事故に続く今回はジェットコースター。
どんどん小さくなってる。
まあ、見どころはその後の死に様に掛かっている。
大惨事から逃れた登場人物達がその後逃れられることの出来ない更に悲惨な死をどう迎えさせるか。
そのアイデアがこの映画最大のキモだ。
個人的には笑いの要素が前作より半減しているのが残念だ。

しかし、あれだ、結局主人公の予知により突発的な死だけでは無く、死に捕らわれてしまった恐怖を味わい死を迎えなければならなった他の登場人物にとって、主人公が一番やっかいなヤツな訳だな。

■『キンキーブーツ』
今年観た中で文句無くナンバー1。
たった107分に様々な愛が描かれ、映画における色々な要素が詰まっている。
ミラノのシーンは本気で拍手しそうになったよ。
登場人物もほんのわき役であるホテルの掃除婦ひとりとっても愛のある描き方が良い。
もちろんこの手のドラッグ・クイーン映画に欠かせない音楽も文句無し。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近観たいくつかの映画。。。

2006/08/18 22:48
映画の後の飯は大事。
最近は、沖縄料理、名古屋?料理で立て続けにあたり。

■トランスアメリカ
トランスセクシュアルのちょっとコメディ、ちょっとまじめな映画。
実家に帰ってからは主人公のかあちゃんがキャラ濃過ぎてドタバタ感あり。
それが代えってコメディ感が強くなって中途半端。

■ミッション・インポッシブル3
トム様健在。
2より好き。
しかし、ほとんど内輪の話でスケールちっちゃいし、結局「ラビット・フット」がなんだったのか謎にしているのも脚本が中途半端なだけでしょ。
その中でやっぱりフィリップ・シーモア・ホフマンは秀逸ですな。

■ハードキャンディ
14歳の少女が中年男のキン○マを抜く、抜かないで男の観客を映画の中盤まで引っ張って行くかなり強引な映画。
映画は、タマ前〜タマ中〜タマ後で構成されているが、タマ後から一気に萎える。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


『ウルトラ・ヴァイオレット』@大丈夫かっ!?ジョヴォヴィッチ!

2006/07/09 19:01
有楽町で映画。
今回はミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『ウルトラ・ヴァイオレット』だ。
しかしたった一行に「ヴォ」とか「ヴァ」とかいくつもあってちょっと煩いな。

ブレークの切っ掛けとなったフィフス・エレメントやバイオシリーズですっかり「そっち系」映画の女優というイメージが定着しつつあるにも関わらず、また同じような役柄に挑戦したのは、徹底した女優魂のなせる技なのか、単に縁起を担いでいるか良く分からない。
「それで良いんですか?」と本人に聞いてみたい気もするが「バイオ4」にもまた出るみたいだし、まあ良いンだろう。

さて、全く期待しないで観たのだが、そんな心構えも無駄になるほど退屈だった。
ヴァイオレットが人間や仲間であるファージ達に噛み付く動機となる存在の子供がこの映画のキーとなるのだが、映画の冒頭「政府に無理やり中絶させられた」と説明しただけで、その後その少年との心の交流をほとんど画かず、観る側の母性本能頼りなストーリーでヴァイオレットに感情移入しろと言われても、男の俺には理解できない。

編集も酷い。ちょっと色んなものはしょり過ぎ。
ヴァイオレットと子供が人間側に捕まるシーンなんか、いきなり感が強い。
無駄に2時間以上掛けたつまらない作品からすれば90分以内に収めたのは、唯一この映画で良かった点だ。
あ、それが悪かったのか。


※7/25追記:「バイオ4」って・・・3だろ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


久し振りの代休、映画2本

2006/06/26 23:00
先々週の土日の研修。その代休だ。
久し振りの平日休みだったから普段土日じゃできない事を、と考えた。
銀行のカードを生体認証カードに切り替えるとか、住民票取るとか考えたが
意味がよく分からないし、とても良い案とは思えなかったので止めた。
雨も降ってバイクにも乗れないので、結局、日比谷で朝から映画を観る事にする。
土日でも出来る事だがな。

10時半朝一の回、それに加え雨だというのに客は意外にもいる。
家族に朝食を食わせ終わった主婦や会社を既にリタイヤした悠々自適な年寄や夫婦達。
そんな客層。一緒にいると何故か落ち着きが無くなる。

一本目は『インサイド・マン』

犯罪映画、特に銀行強盗など大金を奪う事を題材にした娯楽作品のだいご味は、
それをどうやってやり遂げたにつきる。
そこにカタルシスはある。
銀行強盗主犯格役のクライブ・オーウェンの存在感は良い。
むしろ他のキャラより抜きんでて過ぎる。
デンゼル・ワシントンの役もクライブ演じる役と同等の主役級なんだが、完全にクライブより格下。
その癖作品的には同等に扱おうとクライブとの関係を盛り上げようとしたが失敗に終わってる。
2時間という尺の中、この辺りはもう少し丁寧に画いても良かったんじゃないか。

もう一つの要素。被害に遭った銀行の創設者にまつわる「隠された真実」。
その「隠された真実」を取り上げて、この作品を強盗が大金をせしめるだけのただの娯楽作品ではないと考えるヤツもいるんだと思う。
いやいや「隠された真実」だけで重厚な作品に仕立て上げようしていることが鼻につく。
むしろその題材はこの作品にはあまりにも重荷だ。
ラストを観りゃ分かるだろ。こいつは只の娯楽作品だ。

おまけだが。
ジョディー・フォスター、ウィレム・デフォー、ぜんぜん生きてないよ。

もう一本は『グッドナイト&グッドラック』
1950年代に行われた「赤狩り」については知らん。
物言えぬ時代にきちんと伝えるべき事を伝えたマローは凄いとは思うがやっぱりよくは知らん。
この映画で初め知ったからな。
ただ、テレビの可能性を使い手次第と言い切ったくだりが全てではないか。
娯楽や逃避がまん延している現代。
それはテレビの世界だけではないし、またテレビの持つ可能性は、人、ひとりひとりがそもそも持っている。
いや、持っていたのか。まあ、それを忘れがちではあるな。
人は温く、ゆるい方へ流される。
そしてその場所を心地よく思い留まる。
だからもう少し自分自身を厳しく律することが必要なんだ。
少なくとも自分の言葉には責任を持たないとな。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


若年性なんとか・・・

2006/06/06 22:59
前回の続きじゃないが、一番腹ただしいのが役者の名前が思い出せないことだろう。
しかも右脳の働きはすこぶる良いので顔は浮かぶが、名前がな、どうも思い出せないことが多い。
マット・デイモンを思い出すのに「マ○○・○○○ン」の頭と尻まで思い出して、
出てきた答えがマシュー・モディーン!
「惜しい!」と思いつつもむしろそっちの方が難しいだろってツッコミは無しにしてくれ。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


タイトル 日 時
アメコミ、SF、ドキュメンタリー、そんな3本
ここのところ観た映画の感想など。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/09 11:39
『ランド・オブ・ザ・デッド』『Be Cool』なんて観ております
『Be Cool!』は昨日ですが『ランド・・・』はもう先々週くらいですかね、観たの。今更ですが感想をば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/09/11 20:00
やっとだよ、エルモア・レナードの新刊!
やっとだよ、エルモア・レナードの新刊! 本屋でいきなり発見。うかつだったよ。3年ぶりですか、新刊『Be Cool』。 つーか、これ本国じゃあ6年前に出版してるんですが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/11 23:10
衝撃的な部分なんて何もない〜『フォーガットン』
これ結構楽しみにしてたんですよ。"『シックス・センス』以来最も衝撃的なスリラー"なんてコピーまでついてるし。。。 ある意味CMでもうネタバレしちゃってるんだなぁ。でも実際に劇場で観たとき、どう裏切ってくれるか、観る側としてはこれを期待する訳じゃないですか。で、実際に観ると主人公の息子を失ったジュリアン・ムーアが割と初めの方に犯人を予想するんですよ。でも観ながら考えててもそれ以外にオチは無いンですよ。途中から大丈夫かなぁ、この映画、なんて考えちゃって。でもって予感的中。予想どおりの展開で唖然です... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/06/19 18:56
『バタフライ・エフェクト』 ほんとに切ないのか???
タイトルのバタフライ・エフェクトとは、つまり「風が吹けば桶屋がもうかる」ってことで、この主人公エヴァンは風を起こすことはできるんだけど、その後のことはケセラセラでなかなか具合良く行かない。儲からない。いや、そんな話しじゃなくて、、、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/31 00:08
そいえば『インファナル・アフェア3 終極無間』
ブログも久し振り、まあこんなことは今に始まったことじゃないけどね(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/05 10:23
『コーヒー&シガレッツ』
各ストーリーの登場人物達の会話は、コーヒーとタバコの抜群な相性(なんでしょ?俺タバコ吸わないから判んないけど)とは裏腹にバツの悪いぎくしゃくした雰囲気が占めているのだけれど、観ているこちらはその不協和音的な感じをとても楽しんでいた。イヤな登場人物がひとりも出てこなくて、トータル96分間に11篇のショートストーリーが詰まっている訳だから、それほどひとりの人物像を描き出すことは難しいにも関わらず、会話のみでこれだけ楽しませるンだからスッゲーなジム・ジャームシュッシュ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/04/17 18:10
Beck、Brendan Bensonと『インファナル・アフェア2 無間序曲』
Beck、Brendan Bensonと『インファナル・アフェア2 無間序曲』 そのリフレインが耳に残る1stシングル「E-Pro」から始まるBeckの新譜「Guero」。何度も聴いているうちになんか良い感じ。音がね、気持ち良いのよ。 Brendan Bensonのニューアルバムは、前作「Lapalco」から3年。1stから2ndまで6年掛かったもんだからなんかスッゲーインターバル短く感じるや(笑) 音はもうベンソン節って感じ。別の言い方をするなら"なんも変わらないのねぇ〜"って感じ(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/22 23:28
んじゃ『コントロール』の感想をば。。。
3連休中日、友達夫婦と銀座シネパトスで観てきましたよ。ウィレム・デフォーとレイ・リオッタの共演。しかもストーリーが「凶器を抑える新薬を凶悪犯罪者に投与。そして社会に放つ・・・」って感じでしょ。なんかすんげー期待しちゃう訳ですよ。銀座シネパトスは全国ロードショーまでいかないけど、ちょっと小粒の良作に(たまに)あたる劇場。あ、銀座シネスイッチや恵比寿ガーデンシネマみたいな品のある作品はやんないけどね。向かいのスクリーンでは「アナコンダ2」とかやってたし(笑) 以前観たのは「スターシップ・トゥルーパー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/21 18:48
『コントロール』
まさに銀座シネパトス作品!侮りがたし! ええっとねぇ、、、酔ってるので感想は明日(笑) おやすみぃ〜・・(__).。oO ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/20 23:14
油そば、THE JUONとコーヒー豆
油そば、THE JUONとコーヒー豆 2005年、初あぶら。つーか、もう"初なんとか"って〜時期でもねえだろって話。 その後コーヒー豆を買ってきたが、「百年の孤独」なんて名前のオリジナル・ブレンド(そんな名前の焼酎もあったな)。コロンビア・ベースで深煎りされたものでした。いやあ、ストレートのモカあたりを買おうと思ったんだけど、100gで900円とかすると、ねえ(笑) 普段なら200g買えるっつー話しですよ。折角なんで直火式のエスプレッソ・マシーンまで買ってきてしまいました。 なんかちょっと薄かったんですけどぉ(笑) 次は水の量... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/13 20:44

トップへ | みんなの「映画」ブログ

otta@blog 〜ひとりごつ〜 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる